よゐことさがし。

境界性人格障害と

自己愛性人格障害は

似て否なるもので

でも鑑別が難しいそうだ。

 

後者、自己愛性人格障害は

自分を愛することが、歪(いびつ)、

そんなことらしい。

ならば前者と言われた私だけれど

後者が実にしっくりくる。

 

原因を探せばそりゃもう

育て方が~とか論になっちゃいますが、

良かったことがあって、

これに気づいて私は

自己愛が健全な人が好きなんだなと

凄く大切な事実を掴んだ。

 

どういう事かと言いますと、

過去ログには、元彼憎いとか

色々マイナス言葉が並びますが、

私が健全でない自覚が無意識の内にあって、

惹かれる人は自己愛が健全で、

私は恨むとかではなくて

この、自己愛の健全な人を

ずっとずっと心に置き忘れてたんだなと。

自己愛は、健全ならば

他者への愛も多少のナルシシズムも

バランスよく人格に反映されるそうです。

と、少し話は逸れましたが

私はあの人が憎いんじゃないんだなと思った。

自己愛の健全な人に

ずっと恋い焦がれて

そんな自分に気づかずに

マイナス言葉や攻撃や恨みつらみで

周り回って自己を傷つけて居たんだな。。

そう思ったら

心から、元彼の存在も過去の色々も、

すーっと心から消えたんです。

解放されました。

自分自身に、~人格障害とか

名前を付けるのは良くない傾向と思いますが、

ここでは、便宜上。

 

ああ、楽になった!

 

そして話は変わりますが

今読んでいる本。

浅見帆帆子さんの“あなたは絶対!運がいい”。

この本は十何年も前に読んでいましたが、

急に何故か読みたくなって

再度読み、

シンプルながら真理として力強い

望みに関して心配や謙遜などのマイナスを排除し

心を空にしての

“プラス思考” ”プラス言葉”、

つまりはどこか、仏教にも哲学にも

一部は通ずるところがあって、

私はこの人生で割と、

引き寄せの法則、とか、仏教とか

積極的に触れてきたので、

そういうものが腑に落ちて理解できる。

これは凄く有り難い心の取説だと思う。

 

元彼の陰も心から払拭し、

心を新たに清らにして、空にして、

今、これからの自分に

何が出来るのか探しています。

毎日その場その場

全力を尽くす事で、いいこと探しです。

ポケモン!ゲットだぜ!の勢い。

 

大森靖子さんとか結構攻撃力があって

死ねも殺すも言ってますが、

聴くのは、共感するから大好きなんですよ、

困った事に。

でも、大森靖子の、

好きなことは絶対に譲らない姿勢、

言葉の使い方はどうあれ

めっちゃプラス思考じゃないか?

そんな事を思います。

 

先日、夜回り先生として有名な

水谷修先生の講演に行ってきました。

大森靖子さんもだけど

極めた人って暇なく動いていて

パワーがあって

悩みすら行動っていう

弾丸のような生きる力があって、

少し、生き方のヒントを貰いました。

 

プラスにするか否かは、自分次第さ。

さあ自分よどこへ行く?どうする?

少し楽しくなった、ここ数日です。

死のうともしたけどね、

伸縮性の無いシャツの袖を

椅子に括って自分の首を絞めた。

楽になる薬もオーバードーズして

このまま寝たら、死ぬな。状態を整えた。

結果、なんか馬鹿らしくなって寝た。

なんか、死ねないなー

飛び降りても折れるだけだったしな。。

死ぬ勇気無いな。

生きる勇気が無いのはその所為?

突き抜ける人って、明日死んでも

悔いが無いって感じするもの。

 

そろそろ長いですね。

でも、総括して心の栄養になった、

ここ数日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

CAPTCHA